埼玉県の痛くない内視鏡検査・手術、便潜血検査は正務医院まで

内視鏡検査とは

内視鏡検査とは
ビデオ内視鏡はじめは「人間の体、つまり病気を直接観察することが出来ないか?」からはじまりました。
最初は大道芸人が刀を飲み込む芸の様に硬い筒を飲み込ませる方法から始まり、先端にライトとカメラを装着して記録を残せる形から様々な方向で観察を可能にするために手元の操作で方向が変化する内視鏡カメラの形となりました。時代ともに画像をデジタル化してモニターに写しながら検査のできるファイバースコープにまで進化しました。

現在でも高画質の画像に加えて特殊な機能(ハイビジョン、ズーム機能、NBIなど)と安全で体に負担の少ない形の研究が進められています。

消化器内視鏡検査とはファイバースコープを使用して口から肛門までの部位を画像として映し出し検査する事を指します。
上部内視鏡検査は口から挿入して咽頭、食道、胃、十二指腸を下部内視鏡検査は肛門から挿入して大腸を観察します。真ん中に位置する小腸は小腸ファイバーやカプセルカメラで観察します。
また、現在では内視鏡を使用して様々な病気の精密検査や治療も盛んに行なわれおり、以前は手術でしか治らなかった病気を内視鏡で治療する事が可能になりました。