埼玉県の痛くない内視鏡検査・手術、便潜血検査は正務医院まで

経口・経鼻内視鏡

上部内視鏡検査(胃カメラ)
経鼻内視鏡胃カメラには口から挿入する方法と鼻から細いカメラを挿入する方法の二種類があります。

経口内視鏡は従来から施行されている方法で口からカメラを挿入して食道、胃、十二指腸、を観察します。数年前から経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)が可能になりました。
口から挿入すると咽頭反射が強く、検査中にオエ、オエと吐き気を感じながら苦痛に耐えて行なっていた検査を細いカメラを鼻から挿入する事により楽に行なえる様になりました。
検査前日
夕食は軽めに取り、9時以降は何も食べないでください。(お水はOKです。)
また、なるべく早めの就寝を心がけましょう。
検査当日
検査当日当日の朝は、朝食を食べずに来院ください。
(少量のお水はOKです。)
内服中の薬は事前にご相談下さい。
検査着に着替えることがあります、着替えやすい服装で来院してください。

胃の中を綺麗にするために、白い液体の薬(消泡剤)を飲みます。
次に麻酔薬をしばらくのどにためた後、ゆっくりと飲みほします。
(極細の内視鏡で鼻から挿入する場合は、鼻から鼻腔内に麻酔薬を噴霧します。)
検査実施
検査実施検査台に左側を下にして横になります。
胃の運動をと止める薬や鎮静剤を注射する場合もあります。

のどにスプレー麻酔を追加した後、マウスピースをくわえます、医師が内視鏡を挿入し、モニターに映る食道、胃、十二指腸などを隅々まで観察します。
検査は5~15分で終了します。
検査終了
前投薬による影響
薬の影響でまぶしく感じる、のどが渇く、足もとがフラフラするなどの症状が残ります。
症状が落ちついてから帰宅してください。

飲水のタイミング

のど(経鼻)麻酔のため口のしびれがあります。しびれが無くなってから少し水を飲んで、むせない事を確認してから飲水してください。

飲食のタイミング
飲水でむせない事を確認してから食事をしてください。
組織検査をした患者様は2時間あけてから、柔らかい食事を摂取し、アルコール、香辛料の強い食事はさけてください。(検査当日)

送気した空気による影響
検査中に胃を膨らますために送気した空気は胃カメラを抜く時にできる限り脱気しますが、検査後に少しお腹が張る感じが残る事があります。

次の様な症状がある時は病院に連絡、来院してください。
  • チョコレート様の黒い便がたくさん出た。
  • 真赤な(時に赤黒い)ものを吐いた。
  • 高熱とひどい腹痛がある。
  • 夕方まで尿が一回も無い。