埼玉県の痛くない内視鏡検査・手術、便潜血検査は正務医院まで

大腸内視鏡

大腸内視鏡
大腸内視鏡近年、大腸癌をはじめとする大腸の疾患が増加し話題になっています。
しかし、大腸の検査(大腸カメラ)は以前の検査経験や経験談から苦痛や恐怖心があり検査をうける必要性は理解しているが敬遠される方が多くいます。
大腸は個人差があり「大腸が長い人」「曲りが強い人」「腹部手術などで癒着がある人」など挿入困難な例があります。経験やテクニックによって検査時間や苦痛度に差が生じます。

豊富な経験と挿入テクニックを持つ医師がほとんど苦痛を感じることなく、体に優しい(腸に優しい)方法で大腸内視鏡検査を行うことが可能です。
検査予約
来院時に保険証をお持ち下さい。ご希望の検査日を決めます。

検査前夜(予定のない日をお選び下さい。)
検査前日、多少食事制限や夜に下剤の内服があります。

検査日から2週間以内に飲酒、遠出、出張の予定のない日
大腸ポリープが発見され、当日ポリープ切除を希望される方は、大腸の安静をはかるため食事や飲酒、旅行、運動の制限があります。

診察後、検査についての説明をいたします。
常用薬を服用されている方は、お申し出下さい。(特に抗血栓剤など、血液をサラサラにする薬など)
検査前日
食事(朝・昼・夕)は召し上がっていただいて結構です。水分は、多く摂取して下さい。

・食べられない物  ゴマ、果物、野菜、豆類、キノコ類、海藻類 ・飲めない物 牛乳などの乳製品、アルコール、実の入ったジュース

就寝前に下剤を飲んでいただきます。
検査当日
検査時に鎮静剤を使用いたしますので安全の為、車、バイクでのご来院は禁止とさせていただきます。
朝食はもちろん、検査が終了するまで少量の飲水は可能ですが、食事は一切禁止とさせていただきます。
腸洗浄液2リットルを2時間かけて飲んでいただきます。 ほとんどの方の場合は、ご自宅で飲み検査30分前にご来院していただきます。
既住歴、ご年齢等の安全の理由によっては病院で飲んでいただく場合があり、検査4時間前にご来院し、病院で飲んでいただきます。
便が検査可能な状態(便成分がなくなり透明の水様便になるくらい)になっているのかを 確認し、検査衣に着替えていただきます。
検査実施
検査実施ベッドに横になり鎮静剤を注射します。鎮静剤を注射すると体の力が抜け、リラックスできます。

肛門からカメラを挿入し小腸の出口まで到達させてからすべての大腸の観察を行います。
検査時間は約15分程度で終わります。(ポリープ切除や組織検査を行わない場合)
検査終了
検査終了後30分~1時間お休みしていただき、その後検査結果を写真や絵を書いて医師がわかりやすく説明いたします。
検査後の食事は、普通にされて結構です。

ポリープ切除などの治療をされた方
食事や日常生活などについて説明があります。

ポリープ切除や組織検査(病理組織検査)をされた方
2週間後に来院していただき、結果を説明いたします。