埼玉県の痛くない内視鏡検査・手術、便潜血検査は正務医院まで

小腸カメラ

小腸カメラ
数年前まで暗黒大陸と言われてきた小腸領域においても、最近では内視鏡技術の進歩によって経口的または経肛門的に約2mのファイバースコープを挿入し全小腸内視鏡観察が可能となりました。
小腸内視鏡検査は、消化管出血、小腸腫瘍、炎症性疾患などの観察や、組織採取、ポリペクトミーのために行われます。

小腸内視鏡検査は、経口的挿入の時は上部消化管内視鏡検査に準じて口から挿入し胃・十二指腸よりも深い部分の小腸を観察し、経肛門的挿入の時は大腸超えて小腸を観察します。通常の消化管内視鏡よりも長い内視鏡が使用され、先端付近のバルーンを利用して挿入します。
しかしながら小腸は非常に長く曲がりくねった臓器のため、X線透視下にて内視鏡が小腸内をどのように進んでいるかを確認しながら挿入していくため一般的な内視鏡検査より検査時間は少し長くなります。
小腸カメラ

※正務医院では取り扱いしておりません。