埼玉県の痛くない内視鏡検査・手術、便潜血検査は正務医院まで

こんな時は即、病院へ

こんな方は検査を 早期発見がポイント
現在、内視鏡検査は以前に比べて身近な検査になってきていると思いますが、いまだに苦しい検査の代名詞になっている事も事実です。ではどのような時に内視鏡検査は必要であるのか、検査を受ける事によりどのような事が良いのかについてお話いたします。

当然、腹痛などの症状がある方は検査希望しますが、内視鏡検査が必要なその他の症状として吐血(血を吐く)、下血(血便や排便時の出血)、タール便(黒い便)、便秘などがあります。

症状が出現するのは病気が進行してからが多く、早期発見には早めに検査を受ける事が重要になります。
良性の病気も早期発見で治療期間が短くなりますが、がんに関しては特に早期発見により治療方針が大きく左右されます。例えば早期がんであれば内視鏡的な切除にて追加治療を必要とせずに完治する事が多く、最近では内視鏡治療の適応範囲も拡大してきています。早ければ早いほど完治する確率は高くなります。

おかしいかなと思ったら怖がらずに専門医の検査を受ける事をお勧めいたします。

このような方は即、検査
  • 吐血された方
  • 下血・タール便(黒い便)・便秘がある方
  • 身近な血縁者に大腸ガンの方や大腸ポリープの多発者がいらっしゃる方
  • 胸やけ、胸のつかえ、みぞおちの痛みが続く方
  • 身近な血縁者に胃ガンの方がいる方
  • バリウム検査や採血検査などで異常が確認された方
  • 慢性胃炎や潰瘍の方

大腸内視鏡編経口・経鼻内視鏡編小腸カメラ・カプセルカメラ編
大腸癌の統計
年間がん罹患数

年間がん死亡者数