埼玉県の痛くない内視鏡検査・手術、便潜血検査は正務医院まで

経口、経鼻内視鏡編

経口、経鼻内視鏡編
1.胸焼け、胸痛、咽頭痛、つかえ感などがある
胸焼け、胸痛、咽頭痛、つかえ感などがありますが胸焼けとげっぷが多い、食後や朝方に症状がひどい方は逆流性食道炎の可能性があります。

2.食べ物を飲み込むときにつかえ感がある
食べ物を飲み込むときにつかえ感がある方は食道炎、食道がん可能性があります。

3.吐血した

吐血する病気で多いのは胃潰瘍です。
肝硬変などで食道静脈が怒張している状態が食道静脈瘤で突然の大量吐血を起こす可能性があります。

空腹時や食後など食事に関連して強い痛みがある
胃、十二指腸潰瘍になると、空腹時や食後など食事に関連して強い痛みがあります。また、ひどくなると強い痛みが持続して背部痛を訴える事もあります。
潰瘍が進行して深い潰瘍になると大量出血(便が黒くなり時に吐血)や穿孔(壁が貫通して腹膜炎を起こす)などの症状もきたします。

5.食欲がなく体重が減少した
胃癌はある程度進行しないと無症状で症状は胃潰瘍に類似します。
食欲がなく体重減少もチェックポイントのひとつです。